独立記-脱サラ奮闘

個人事業を開業しようとして挫折した話

アロマテラピーの資格を取って、アロマセラピストになろうと、ベッドやタオルなどの備品もそろえて準備してみました。

 

最初は自分の腕を信じて、「絶対に固定客がつかめる」と根拠のない自信で、やる気だけはあふれていました。

 

名刺も用意して、パーティなんかにも参加してみたり、SNSも使っていろいろと自分で考えられることは一通りやってみたのですが。

 

一番ネックになったのは、集客の部分でしょうか。絶対口コミでうまくいくとおもっていたのですが、お客様になってくれるのは自分のリアルな友達だけで、新規での顧客開発には至りませんでした。

 

また、資格を持っていると、他の事業主さんから「一緒に商売しませんか」と声を掛けてくださる方もいらっしゃいます。「名前を貸してほしい」「共同開発者になってほしい」「いっしょに店を出そう」など、ありがたい言葉をかけていただくのですが、話をよく聞いてみると雇われセラピストの話であったり、専門家監修という言葉がほしいとか、声を掛けてくださる方には良い話ですが、私にはメリットのない話も少なくありませんでした。

 

自分が信念をもって、人の力に頼り過ぎない程度に、また、ある程度の事業計画を持っていればよかったのですが、勢いだけで事業を展開しようとしたためか、利用しようとする方も多かったように思います。個人事業主、自営業には憧れはありますが、私には敷居が高かったように思います。もう少し自分に自信をつけて、そしてしっかりとした事業計画を持って、次にチャレンジするときには他人の力を借りないでも自分の力で立っていられるようになりたいと思いました。

キャッシングをするならどこで?

キャッシングをするなら、消費者金融、信販会社、そして銀行などがあります。どこでキャッシングをしてもいいですが、実際はどこがおすすめなのでしょうか。

 

例えば消費者金融。昔は闇金などがあり、少し抵抗感や不安感を持つ人は少なくありませんでした。しかし、現在は、アイフルなどテレビのCMでも出るなど消費者金融のイメージが変わりつつあります。また利子などが明確になっているので、以前よりも利用しやすいシステムになってきています。もちろん闇金などもあるので注意が必要ですが、それでもキャッシングをする場所としてはメリットが大きい場所の1つであるといえます。

 

また信販会社でキャッシングする場合も、安心感があります。信販会社というと、クレジットカードなどで利用したことがあるはず。そのためなじみがありますし、何よりクレジットカードを作る時に審査を受けているので、もしもキャッシングをする場合は、借りやすいというメリットもあるのです。

 

銀行の場合は、その銀行という安心感が一番でしょう。銀行はいたるところにありますし、誰もが利用したことがあるはず。また預金をするという硬いところなので、キャッシングというお金を借りるイメージも悪い印象はありません。

 

また銀行の場合は、利子の割合が一番低いところが大きなメリットです。消費者金融や信販会社に比べると、銀行の場合は、利子の割合がそれほど高くないのですね。つまり同じ金額を借りたとしても、その返済額が少なくなるというメリットがあるのです。

モビットの完全ウェブ完結のメリット

キャッシングを利用したいと思っていても、会社や家族には知られるのははばかられるので、利用を思いとどまっているという人もいるでしょう。会社や家族に知られたくない理由は人によってそれぞれですが、ほとんどすべての金融機関が会社への在籍確認や本人確認のために電話をかけてきますし、自宅へ書類などの郵便物が送ることになりますので、本人がいくら知られないように用心していても会社や家族に知られてしまうという事態になりかねません。

 

しかし、モビットはキャッシングの申し込みがウェブ上ですべて完結するサービスを提供しており、会社への在籍確認や本人確認、そして自宅への郵送物も送られてくることはありません。つまり会社や家族に知られることがなくキャッシングを利用することができるのモビットということです。

 

ただし、誰でもがモビットの申し込みに際してはウェブ完結ができるというわけではなく、申し込みをする人が三井住友銀行か東京三菱UFJ銀行の普通預金口座をもっており、社会保険証などを持っている人という条件はあります。しかし、普通預金口座はモビットに申し込みをする前に口座開設をすれば持つことはできますから、実質的には社会保険証などを持っているかどうかという条件になります。

 

社会保険証などを持っている人はモビットを利用すれば、確認の電話も郵送物もなくキャッシングを利用することが可能ということです。ウェブ完結で審査に通れば、用意した口座にネットキャッシングでお金が振り込まれます。

仕事とプライベートの線引きが難しい

結婚して出産後は、個人事業主として仕事をしています。育児の合間の仕事なのですが、空き時間が仕事時間のためプライベートと仕事の両立をする必要があります。まだ子どもが赤ちゃんのうちはお昼寝タイムが仕事の時間でしたが、大きくなってくると昼間は全く時間を割くことができません。また夕方からは小学校の上の子たちも帰ってくるのでバタバタしてしまいます。

 

できるだけ子どもたちがいる時間には仕事をしないと決めていますが、忙しいと子ども達が勉強をしている隣で仕事をしているような状態になってしまいます。これがパートタイマーならはっきりと区別することができるのですけれどそうはいきません。

 

結局ダラダラと仕事をしてしまうことになり、効率も悪くなってしまいます。だいたい仕事をする時間帯というのは自分の中で決めているのですが、個人事業主は自分がルールを決めて、守るのも破るのも自分なのでいい加減になってしまいがちです。仕事ばかりでプライベートを楽しめていないなと感じる時もしばしばです。

 

仕事とプライベートの境界線があいまいだと、生活全体にメリハリがなくなってしまいます。プライベートの時間ももっと楽しみたいとは思っているんです。今は昼間は午後4時までで終り、夜は午後10時半までと決めて仕事をしています。でも個人事業だと「やっただけリターン」があるせいで、頑張りすぎてしまうのですよね。もっとうまく時間を使って効率アップして仕事ができればいいと思いつつも、一人でやっているとその時間配分が下手で困ってしまいます。

今年のカビ対策

昨年の梅雨時は、風呂場にカビが生えて大変でした。

 

窓に取り付けてある金属製のブラインド、天井の通気口、風呂専用の腰掛けの裏などに気づいたらカビが生えていたので、今年は昨年の二の舞だけは避けたいものです。

 

そこで、梅雨入り前の5月の終わり頃に、ネットで「効果が高い!」、と評判になっているカビ対策を試してみることにしました。その商品は煙を出して、風呂場の隅々までカビを防いでくれるとのことです。

 

その商品を購入して、さっそく風呂場で試してみました。

 

それから2週間ほど過ぎてから確かめてみると、たしかにカビは生えていませんでした。対策を始める前に生え始めたカビのことを考えると、普通であれば、今頃は風呂場がカビだらけになっていてもおかしくありません。

 

でも、最近は本当に便利になりましたね〜。これであれば、風呂掃除もだいぶ楽になります。

 

ところで、カビと言えば、布団を敷きっぱなしにすることで畳に生える青カビも気になります。

 

しかし、最近は毎日布団の上げ下げをしているので、このようなことを続けていれば、もう畳に生えたカビをみることもないはずです。

 

今日、週間予報を見ると、これから当分はほとんど雨が降らない、とのことです。

 

今のところカビの心配もないし、雨が降り続いてうつうつとした気分になることも少ないので、この時期としてはだいぶ楽に過ごせています。

 

今年の6月は本当に雨が少ないので、こうなれば、今年の梅雨が空梅雨であることを祈るばかりであります。